製造工程

毎朝4時より、小麦粉と塩水を捏ね機に入れ、そうめん屋の1日が始まります。
こんな寒い日は、布団から出るのがツライです(笑)

その日の気温や湿度、そして粉の特性を考えながら塩水の濃度やコネ加減を調整していきます。

毎日、微妙な僅かなコネ加減の差ですが、それがあとの行程にかなりの影響を与えます。

言い換えれば、この捏ね方次第で、1日のそうめんの出来具合いが左右されます。

さて、今日はどんな具合でしょうか。


本村製麺工場

細く長い糸のように 透きとおった水晶のように

0コメント

  • 1000 / 1000